いちご狩りハウスにイチゴジャムが今シーズン初登場!人体に安全な生物農薬の散布(14回目)。

山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。最高気温は10度。最低気温は、マイナス6度。日の出6時55分。日の入り16時54分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。お車を利用されないお客様に、便利でお得ないちご狩りコースが出来ました。(期間1月14日〜5月20日)JR東日本主催の”フルーツ王国 山梨 いちご狩り&温泉”の中の”石和温泉コース”をご利用されると、当館のいちご狩りと石和温泉富士野屋夕亭さんでスペシャル昼食”ホロホロ鳥のすき焼きコース”と温泉が楽しめます。 今年はB−1グランプリで優勝した「甲府鳥もつ煮」も食べれますよ! いちご狩りと宿泊がセットになっているのは、こちらの旅館やホテルです。 甲府積水寺温泉の坐忘庵様。 石和温泉の富士野屋夕亭様 ホテル1・2・3甲府様。 下部温泉のホテル守田様 今シーズン初のジャム作りを行いました。お客様が、待ちに待ったイチゴジャムが出来ました。 当館のジャムは、栄養士の英子社長が業務用のコンロ使い強火で仕上げるので、美味しく人気があります。 勿論イチゴその物の素材の良さ(イチゴその物の甘さなど)があります。 人体に安全な生物農薬の散布(9月から14回目)。粘着くん(害虫の駆除:成分はデンプンで気門封鎖型)ボトピカ(うどんこ病の駆除)。 ダニは、全面的に発生、過去に全エリアに一斉的に発生したのは、初めてです。 アブラムシは、一か所に発生。 コナガの幼虫は、2か所に発生。今年は、昨年の10月や11月や12月上旬の暖かさで病害虫の繁殖力が強く、駆除出来なかったようです。 従って昨年より2月早く粘着くんを、いちご狩りハウス全体に散布します。粘着くんは、800Lで6時間の散布です。粘着くんだけの使用コストは、一回当たり1万5千円です。粘着くんは、天敵より労力を要しますが確実に害虫の繁殖を抑えられます。結局、粘着くんを散布しなくて済んだのは、たったの2か月でした。残念! 写真1は、河口湖から来られた山中様。当館のホームページをよく読んでくれていて嬉しかったですよ。 写真2は、ジャムになる前にヘタを取ります。見事に完熟です。 写真3は、業務用のガスの強火で一気に仕上げます。一鍋約4Kgです。かげないように必死にかき混ぜます。この粒粒感が重要! 写真4は、ビン詰め後、逆さまにして空気抜き。 写真5は、出来上がったイチゴジャムに品種のシールを貼り付けて完了です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA