東電の使用量のピークが、日々増えています。明日は92パーセントの4400万kW!親株の生育状況(その2)

山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。最高気温は31度。最低気温は、23度。日の出4時31分。日の入り19時05分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 東電の使用量は、15時〜16時(4225万KW)で89パーセントでした。 昨日より、最高気温が下がっているのに使用量のピークは高くなっています。 あすの予測は、4400万kWの92パーセントです。このままでは、7月の計画停電は防げなくなるでしょう。 日本政府は、被災地の復興はもちろん、日本経済の回復を真剣に考えて、計画停電の回避を実施する計画や推進状況を公開すべきでしょう。 企業や個人に節電を呼びかけるだけでは、15パーセントの節電は難しいと思う。 東電はピーク時の供給力4780万kWを低く隠しているような気がしてならない。もし本当にピーク時の供給力が4780kWでは、安心して寝ていられない。 明日の、使用量のピークが4400万kWを下回ることを祈っている。写真1は、愛べりーの親株。今年は、小苗が沢山あるので安心です。 写真2は、右側が紅ほっぺ。左側が章姫の親株。紅ほっぺの小苗は、少なめです。親株を多くしてあるので問題ありません。 写真3は、右側がさちのか。親株が大きくならないうちに、ランナーを伸ばして小苗を出したので、親株が大きくなりませんでした。来年のさちのかは、親株が大きくなるまでは、ランナーを出さないようにします。写真4は、久しぶりに「ぼてじゅう」のお好み焼き「ミックスモダン」を針に行った帰りに、甲府駅ビルで食べました。 館長は、よく川崎の「ぼてじゅう」にお好み焼きを食べに行きました。甲府のミックスモダンの味は、川崎の美味しさにはかないません。でも久しぶりでおいしかったです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA