苗採りの準備(挿し木用のポット作り)

山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。最高気温は30度。最低気温は、18度。日の出4時29分。日の入り18時56分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 梅雨の中休みでしょうか、このところ晴れの日が続いています。イチゴさん達にとっては、晴れると親株の成育が良くなるので好都合です。しかし、もう最高気温30度と真夏日がやってきました。 今年の夏も猛暑になるのでしょうか心配です! 育苗ハウスの天井の黒の遮光カーテンを6箇所載せました。さらに20日頃には、黒と白の遮光カーテンをそれぞれ1枚ずつ追加しなければなりません。育苗用のポットに培地(ヤシ殻)を入れる作業を開始しました。 約2000トレイ(8万ポット)を7〜9日かけて作ります。今日は、約100トレイ(4000ポット)作りました。 例年より苗採りを2週間早くするので、育苗ポットの準備も2週間早めに開始しました。 写真1は、天井に黒の遮光カーテンを載せました。洗浄する為に広げておいたトレイにピンク(章姫)ポットを入れるために纏めました。 写真2は、トレイにピンクのポットを入れました。 写真3は、トレイのポットに培地(ヤシ殻)を入れるために、ココ(ヤシガラ)を水に入れて膨らませてから、細かく潰してポットに入れます。このココを潰すのが重労働です。館長は、まだ腰痛が怖いのでこの作業は出来ませんでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA