いちご狩りハウスの暑さ対策完了。

山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。 最高気温は22度。最低気温は、2度。日の出5時25分。日の入り18時12分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 大変申し訳ありませんが、4月11日までご予約の定員に達しましたのでご予約をお受けできません。 計画停電は、26日から実施されておりません。 昨日は、最高気温が21度となり、アット言う間にいちご狩りハウスの中は30度になってしまいました。 今日は最高気温22度でしたが、暑さ対策によりいちご狩りハウスの中は24度に抑えることが出来ました。 これから温かくなる5月末まで、暑さ対策が出来ているイチゴハウスのイチゴは、美味しく食べられます。 勿論、いちご狩りのお客様も涼しくいちご狩りが出来ます。 当館の暑さ対策を写真でご紹介します。 写真1は、高さ約5メーターの高いいちご狩りハウス。天井の両サイドには、天窓があり温かくなった空気を外に出し、冷たく新鮮な外気を取り入れます。天井を高くすると、煙突効果で天窓からより効率的に温まった空気を排出します。 天井を高くしたり、両サイドに天窓を作るとハウスの値段が高くなります。ハウスの両サイドに天窓を備えているハウスは、当館を除いてほとんど有りません。 写真2は、天井の遮光カーテンを温度に合わせて閉めました。午前中に光が入る東側は、あまり遮光をすると光合成が阻害されて甘さが少なくなるので、光合成にあまり影響しない西側を多く閉めました。社則カーテンを閉めていない写真1と比較すると良く分かると思います。 写真3は、いちご狩りハウスの横に有るサイドカーテンを開いて外気を取り入れ温度を低くします。炭酸ガスを使用できなくなる時期まで毎朝空けて、夜に閉めます。 写真4は、いちご狩りハウスの中が24度を越す時は、ハウスの3メータの高さにある遮光カーテンを閉めます。この時、中の温かい空気が上逃げ出せるように、少し間を空けておきます。 長時間遮光すると、光合成か阻害されて甘さが少なくなるので要注意です。 お車を利用されないお客様に、便利でお得ないちご狩りコースが出来ました。(期間1月8日〜5月22日)JR東日本主催の”フルーツ王国 山梨 いちご狩り&温泉”の中の”石和温泉コース”をご利用されると、当館のいちご狩りと石和温泉富士野屋夕亭さんでスペシャル昼食”ホロホロ鳥のすき焼きコース”と温泉が楽しめます。 今年はB−1グランプリで優勝した「甲府鳥もつ煮」も食べれますよ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA