重大な決断!いちごの実を一部、取り除きました。イチゴの親株の手入れ。

山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。 最高気温は13度。最低気温マイナス2度。日の出5時52分。日の入り17時56分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 地震等でキャンセルされる時は、必ずご連絡くださいね! 東北などの地震の被害にあわれた皆さんに比べれば、「いちご狩りのキャンセルで、イチゴが余る」ことは仕方がない事と頭では分かっていても、毎日過熟になっていくイチゴさん達を見ると心が痛みます。 そこで思い切って「部分的にイチゴの実を取り除きイチゴの実を余らなくする」と言う重大な決断をしました。 そしてイチゴの実を取り除いたイチゴの株は、運よくこの混乱が早く治まったとき(4月中旬以降)に、より大きなイチゴの実を付けるようにしました。 この決断でもイチゴが余るかもしれません、逆に不足するかもしれません。この3連休のお客様の人数は予測がつきません。 親株の手入れをしました。この時期は、どうしてもいちご狩りハウスのイチゴさん達の世話に追われて、親株の手入れが疎かになってしまいます。 7月の苗採りの時になって公開しないように、基本通りの手入れをしました。 まずは、親株の花や蕾を取り除き親株自信に栄養が行くようにします。花は親株が諦めるまで何回も取り除きます。不思議なことに、2〜3回取り除くと親株は諦めるようです。 また、ランナーを取り除きます。4月中旬にはランナーを伸ばすのですが、親株が大きく育っていない時はランナーを取り除き、栄養を親株に集中させます。 ランナーは、何回取り除いても出てきます。 今年の親株は、寒さの影響かランナーが固く、ランナーの本数も同時に何本も出てきています。 計画停電も5日目です。今日で5パターンの停電を全て経験しました。15時40分から18時40分までの停電でした。 いちご狩りハウスの天窓を少し通常より狭くして停電を待ちました(早く天窓を閉めるといちご狩りハウスの中の温度が高くなりすぎて、イチゴが過熟になります)。停電が終わる18時40分のいちご狩りハウスの温度は約9度でした。停電が終了するとすぐにいちご狩りハウスの天窓を閉めていちご狩りハウスの温度を確保したり、多数のタイマーの時刻合わせをしました。 写真1は、章姫の親株に大きな花が咲いています。実を収穫しないで、栄養が親株に行くように取り除きました。 写真2は、章姫の親株でランナーが2本出ています。親株が大きくなるまでランナーを取り除きます。お車を利用されないお客様に、便利でお得ないちご狩りコースが出来ました。(期間1月8日〜5月22日)JR東日本主催の”フルーツ王国 山梨 いちご狩り&温泉”の中の”石和温泉コース”をご利用されると、当館のいちご狩りと石和温泉富士野屋夕亭さんでスペシャル昼食”ホロホロ鳥のすき焼きコース”と温泉が楽しめます。 今年はB−1グランプリで優勝した「甲府鳥もつ煮」も食べれますよ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA