洗わないで食べるいちご狩りには、安心・安全の残留農薬ゼロのいちごがお勧め!生物農薬の散布(12回目)

 山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。 最高気温は13度。最低気温は4度。日の出6時42分。日の入り16時32分。「龍王堂」さんで当館の10周年記念の携帯ストラップの加工が始まりました。「龍王堂 店長ブログ」にその1で掲載されています。完成までの工程に興味があるのと出来上がっていく姿を見るのが楽しみです。 生物農薬の散布(12回目) ボトピカ(うどんこ病の予防)、タフパール(うどんこ病の駆除と免    疫性の獲得) タフパールが発売された当初は、うどんこ病やタンソ病の菌を駆除すると言う触れ込みでした。最近は、うどんこ病の免疫が得られると言うことを聞きました。うどんこ病の免疫が得られることを期待して、久し振りにタフパールを使用しました。 いちごの初なりを集めて、残留農薬の検査に出しました。12月15日には、検査結果が出ます。残留農薬の検査は、今年で5年目・5回目です。館長は、もう検査は必要ないと思いますが、確実に安全を証明するためには、必要と判断しました。 残留農薬の検査で化学農薬が残留していないことを確認してから、販売に入ります。 いちご狩りハウスの床の掃き掃除。 10月13日にもいちご狩りハウスの床掃除をしました。いちご狩りは、洗わないでいちごを食べるので、残留農薬は勿論、床の土やホコリが舞ってイチゴに付着するのを極力少なくしなければなりません。 今回の床の掃除で、お客様を安心して、気持ちよくお迎えできます。 今日の掃き掃除で舞い上がったホコリがイチゴに付着しているので、生物農薬の散布を行いながら、洗い流しました。 写真1は、残留農薬の検査に出したイチゴ。検査の為、形の悪いイチゴを選んで出しました。 写真2は、順路1の床の掃き掃除中です。ベットの培地のココ(ヤシ殻)と花びらが多いですね。 写真3は、すっかり綺麗になった順路2の床です。掃き掃除は、床が綺麗になるので皆、気合が入りました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA