この秋の日照不足が農作物に影響するでしょう。イチゴの新葉や蕾も黄緑色?

 山梨県のいちご狩り天気は、雨。 最高気温は13度。最低気温は8度。日の出6時03分。日の入り16時55分。 今朝も寒く、一日中12月下旬の気候でした。最高気温は、夜の21時の13度になりそうです。 このところの、天候は2日ぐらい晴れて、3日曇りや雨と言う状況です。夏の猛暑から秋の日照不足が農作物にも影響するでしょう。 イチゴは、私達の見えないところで、2〜3週間前から花芽分化を開始して、蕾を形成してきています。 日照不足により、光合成が不足して満足な蕾が形成されるか心配です。ひ弱な蕾により。小さな花しか咲かないのではと心配する今日この頃です。 当館のイチゴの新葉や蕾の色も黄緑と日照不足を匂わせています。早く秋晴れの日々が続くことを祈っています。 写真1は、あかねっ娘(ももいちご)の新葉。極端に黄緑色の葉です。日照不足が原因と思いますが、何かカルシューム不足にも見えます。葉の丸さが失われているような気もします。 写真2は、章姫の新葉。新葉の黄緑色と葉が透けて見えそうな弱々しい葉です。粘着くんの影響も考えられますが・・・・。 写真3は。アスカルビーの新葉と蕾。こちらの新葉や蕾も極端な黄緑色です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA