不受精果は、依然なくなりません。

 大変申し訳ありませんが、天候不順につき5月連休のご予約を一時ストップさせていただきます。収穫量が増えた場合には、4月末に追加でご予約をお受けいたします。 山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。最高気温は22度。最低気温は6度。日の出5時17分。日の入り18時16分。 17日、18日には不受精果も減りイチゴの収穫量も回復すると思っておりましたが、まだ回復には至っておりません。 24日と25日には、何とか回復することを祈っております。回復しても、小粒の実となりそうです。 5月連休には、大きな実が回復すると思いますが、このところの館長の予測がことごとく外れるので、5月連休のご予約を受けることを一時ストップしました。 もう、これ以上お客様にご迷惑をお掛けできません。 不受精果の恐ろしさは、どんなに待っても受精していなければ実にならないことです。さらに、このところの低温と日照不足により生育も遅れ気味です。  お客様にご迷惑をお掛けするのを極力減らす為に、早めに休園して、イチゴの回復を早めようとしたり、ご予約の人数も大幅にに減らしたりしましたが、館長の予測を遥かに回復が遅れて、ご予約のお客様に大変ご迷惑をお掛けいたしました。 心からお詫び申し上げます。 写真1は、回復が遅れている章姫。この時期に赤いイチゴが実っていないイチゴを見ると、館長の心もグレーになってしまします。 あぐり丹波の久下様と末広様が来シーズンの苗のことで、ご来館されました。やはり、今シーズンのイチゴの出来栄えは良くないそうです。どちらのいちご園も苦労されているようです。 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA