後発隊のイチゴの葉欠き(章姫)

最高気温度34度、最低気温20度日の出5時23分、日の入り18時2分
 館長の母の葬儀やパートの土橋さんのお休みで、仕事の方も少し遅れ気味である。皆の頑張りで、挽回可能な遅れです。
 今日は土橋さんが出勤してくれたので、遅れも少し取り戻せてきた。
しかし、夕方の電話で、土橋さんのおじいちゃんが亡くなられたとのこと。
寄寓にも、土橋さんのおじいちゃんは、7月に母と同じ病院の同じ階に入院されていました。
おじいちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
 また明日からの一週間は、残りの5人で頑張ります。
 今年は、例年並みに夜温が低く花芽分化を迎えやすい環境です。夜令処理を行っている先発隊の章姫は、14日頃に花芽分化しそうです。
 いよいよ、定植も近い。
 写真1は、ポット受けの章姫の2回目の葉欠き前。新葉が一枚出てきています。ポット受けは葉が徒長気味に鳴るので、早くは欠きをしなければなりません。
 写真2は、2回目の葉欠き後のポット受けの章姫。葉欠きにより、新葉に日が当たり成長が早くなります。
 写真3は、後発隊の章姫の葉欠きを、久し振りに全員で行いました。
苗が全体的に、徒長気味です。
 写真4は、あかねっ娘(ももいちご)の親株で、イチゴが収穫できました。甘い香りがしています。
 もう少し早ければ、母に食べさせてあげられたと思うと残念です。
 写真5は、母のそばに父の位牌をもって来ました。そのときに、今日収穫した、あかねっ娘(ももいちご)をお供えしました。いちご園の仲間が来てくれて、嬉しく思いました。
 今日も朝からイチゴの世話をしながら、涙が止まらない。もう二度と母に会えないことが、一番辛く感じられる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA