イチゴの苗の消毒。章姫の一回目の葉欠きが半分終わりました。

最高気温度34度、最低気温24度日の出5時8分、日の入り18時33分
 A棟の北と南の章姫の一回目の葉欠きが終わりました。葉欠きは、全てのイチゴの苗の株に触れるので、苗の出来栄え(生育状況)や病害虫の状況などが把握できます。
 生育状況は、7月の日照不足が影響して新葉が弱弱しく例年より遅れております。心配していたタンソ病も見られず、ホットしております。
 苗の消毒;アミスター20フロアブル(うどんこ病とタンソ病の駆除)
     ;コロマイト乳剤(ダニの駆除)
     ;生物農薬の粘着くん(ダニの駆除)
 葉欠きにより古い葉に残っているであろう害虫の卵や細菌などを葉欠きすることにより一掃いたします。
 新葉に転移した病害虫を、化学農薬と生物農薬で駆除いたします。生物農薬は、病害虫の抵抗性が無いので病害虫の駆除により効果があります。
 写真1は、A棟北の章姫。一回目の葉欠きが終わり、新葉の黄緑が多くなりました。
 写真2は、A棟南の章姫。一回目の葉欠きが終わり、新葉の黄緑が多くなりました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA