最低夜温が20度をきり、秋の気配がほんの少し漂ってきました。

最高気温度35度、最低気温19度日の出5時7分、日の入り18時32分。
 今朝は19度まで温度が下がり、寝ていて寒いので目が覚めて窓を閉めました。ほんの僅かですが、秋の気配が少し漂ってきました。
 24日から夜令処理を開始するので、夜温度が20度を切って欲しい!
 いよいよ、章姫の苗の葉欠きに入りました。章姫は、仲間に苗を頼まれているので気を使います。タンソ病の入った苗だけは、供給できません。
 愛ベリー系統の苗の生育が、7月の日照不足により遅れているので、育苗ハウスのサイド遮光カーテンを除去して、日当たりを良くして光合成しやすくしました。
 写真1は、全員で章姫の葉欠きをしています。最高気温35度なので、天井の黒の遮光カーテンを閉めました。葉欠きは、一人1日2000本から3000本できます。同じ作業の連続で肩が凝ります!
 写真2は、仲間の章姫の葉欠き前の中苗。光や水が均一に入らないほど葉が茂っています。
 写真3は、仲間の章姫の葉欠き後の中苗。今年は全体の生育レベルを合わせる為に、例年より強め(葉欠きの枚数が多い)にしました。
 写真4は、当館の来年の親株用の章姫(葉欠き前)。種苗メーカーから購入した方が病害虫が少ないと信じて、8年間購入してきました。しかし種苗メーカの苗は信頼性が少ないと判断しました。メリクロン苗から苗採りしたセカンド苗になります。
 写真5は、当館の来年の親株用の章姫(葉欠き後)。最高の状態に仕上がっています。少し大きすぎるかもしれません。
 写真6は、愛ベリー系統の7月の日照不足を取り戻すのに、サイドの遮光カーテンを取り除きました。
 例年はこの遮光カーテンにより西側と東側のポットの乾燥を少なくしていました。除去したので乾燥が速くなり毎日水やリが、大変です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA