イチゴの親株の消毒。タンソ病らしき苗が見つかりました。

最高気温度30度、最低気温23度日の出4時39分、日の入り19時03分。
 イチゴの親株の消毒。
  病害虫の発生なし。残り章姫とあかしゃのみつこだけになりました。
 写真1は、章姫の親株。一株当たり30〜40個の子供が採れるとよいのですが・・・・。かなりの量の子供が出ています。
 写真2は、灰色カビ病の愛ベリー。タンソ病ではないと思うのですが、最悪のことを想定して、廃棄処分しました。
 タンソ病はモット茎が黒くえぐれ多様に折れます。
 写真3は、2月10日頃に購入した日本マルハナバチ。我が家花に、蜜を求めて群がっていました。かれこれ5カ月の長生きですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA