ヤッチャイマシタ!紅ほっぺの苗採りが完了。

最高気温度32度、最低気温23度日の出4時37分、日の入り19時04分。
 山梨県の南部では、最高気温37度と今年初の猛暑日となりました。今朝はお天気雨と思いきや急に快晴となり育苗ハウスが急激に暑くなりました。
 館長を始め全員が親株ハウスにいたので、この快晴の日差しと高温に気がついたのは、9時頃でした。 一部の若苗が萎れていました。このところ曇りで日差しも弱く温度も低く、苗の品質も良かったので少し油断していました。とき既に遅しか?
 遮光を増やし、日をさえぎることにより萎れた苗も少し復活してきたようです。一安心。明日の朝、元気になっていれば問題ありませんが・・・。
 紅ほっぺは、ランナーの本数も多いので必要数が確保できると思っていました。しかし苗採りが終わるにつれて、必要な数の苗が確保できないのがわかってきました。時既に遅し!後の祭り!
 10月上旬までに何とかカバーしなければなりません。大変手間がかかりますが、今回確保した苗から子供を採ったり、残った親株から9月に追加で苗採りを考えています。
 原因は例年より2週間ぐらい早く苗を採ったことと、節間からのランナーがほとんど出ていなかったからでしょう。
 天候により今年の親株は、例年よりランナーが少なく生育が悪いことも影響しています。
 写真1は、日差しの強さと高温により萎れたかなみひめの若苗。章姫やかなみひめは、一度萎れるとなかなか元気にならないので要注意です。
 明日の朝に元気に茎が立っていれば問題ありません。
 写真2は、苗採りが終わった紅ほっぺ。必要数が確保できなかったので、一本おきに苗を植えました。この苗から出るランナーから子供を採ります。
 写真3は、苗採りが終わった紅ほっぺの親株。葉欠きをして、親株の活性化を図り、ランナーの出を促進させます。ランナーを残しておき、節間から子供を出させます。太郎、次郎しか出ていないランアーを残して9月に子供を採ります。
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA