トレイのポットに培地(ヤシ殻)入れも2日目!

最高気温度32度、最低気温22度日の出4時31分、日の入り19時06分。
 日の入りも今日が19時6分で一番遅いらしい。明日から少しずつ日の入りが早くなっていくそうです。
 このところ真夏日(30度以上35度以下)の連続ですが、もうこの時期は、真夏日ぐらいでは驚きません。昨年の7月の苗採りは連日猛暑日(35度以上)になりイチゴの苗の活着がよくなくて困りました。
 今年は、多少の猛暑日では、イチゴの苗採りに影響しないように対策をしました。
 写真1は、トレイに培地(ヤシ殻)入れが完了した、A棟北側です。約500トレイ(20000本)が並びます。
 写真2は、トレイに培地(ヤシ殻)入れが30パーセント終わったA棟南側。
 写真3は、トレイのポットに培地(ヤシ殻)が入っています。当館の特徴は、ポットに入っている培地の量が均一であり、ポットの上ツラまでぴったり培地が入っています。さらにこの培地が入っているポットの硬さが均一です。良質な約8万本の苗を取るためには、全ての条件が同じでないと難しいです。
 写真4は、ポットの厚さが不足していて、トレイが均一に切断できませんでした。通常はポットの切り離しが30秒ぐらいで出来るのですが、この写真のようになると倍の1分ぐらいかかり、仕事が遅れてイライラします。おそらく、ポットの製造メーカーの段取りや管理調整不良でしょう。毎年我慢をしていましたが、今年はメーカーさんにクレームとして申し入れました。素直に認めてくれて直してくれると良いのですが。
 クレームとして認めてくれないときは、メーカーを公表しますので、皆さんも使わない法がよいですよ!(一農家だと思って、馬鹿にする企業もあります)。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA