超可愛い初孫が生まれました!館長もおじいちゃんになりました。

最高気温19度、最低気温15度
 館長の息子に長女が生まれました。博美ちゃんは小柄ですが、赤ちゃんは2800gと標準でした。博美ちゃんご苦労さん!館長も初孫が出来ていよいよ”おじいちゃん”と呼ばれるようになりました。
館長は、ねずみ年。息子もねずみ年。初孫もねずみ年。なんと奇遇なめぐり合わせでしょう。
 今日予定日より一週間早く、博美ちゃんが病院に行きました。何時生まれるか?何時生まれるか?朝から気が気では有りませんでした。(実は、館長の息子は館長の単身赴任中に生まれたので、出産には立ち会えませんでした。言ってみると、極端な話、横浜で仕事をしているうちに、いつの間にか生まれていました。)
 なかなか生まれないので、陣痛促進剤など出産まで博美ちゃんは大変でした。母子ともども元気であることを祈っていました。
 ようやく、18時に初孫が誕生。母子共に元気で何よりでした。
さっそく、病院に行き初孫とご対面。
 息子の時は、可愛いというより、何となくサルに似ていたことが印象的でした。初孫は、生まれたばかりと言うのに本当に可愛い顔をしていました。
 写真1は、生まれたばかりの初孫です。可愛い女の子です。早く館長が栽培したイチゴを食べさせてあげたい。3月頃まで無理かも・・・・・・。
 今年のイチゴは例年以上に力が入りそうです。

Follow me!

超可愛い初孫が生まれました!館長もおじいちゃんになりました。” に対して2件のコメントがあります。

  1. ヒメシオ より:

    おお!おめでとうございます!!
    うちの姉も9月16日に男の子を出産したんですよ!赤ちゃんはかわいいですよね〜 1才ぐらいになれば自分でイチゴ食べれるのかな?

  2. 館長 より:

    ありがとうございます。
    当館にご来館されるお客様を見ていると、1歳ぐらいからイチゴを召し上がっているようです。
     早く、孫においしいイチゴを食べさせてあげたいと思っています(笑い)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA