関東地方・山梨県は梅雨明け。猛暑日になりました。

最高気温36.4度、最低気温24度
 ようやく梅雨があけました。と言っても今年は梅雨らしくまとまった雨がしとしと降るようなことはありませんでした。館長はもう1週間前から梅雨明けしたと思っていました。
 今週は暑い毎日で、今日は最高気温が36.4度と猛暑日になり挿し木したばかりのイチゴの苗は、暑さと日差しの強さで萎れていました。
 これから、暑い夏が続きそうです。イチゴの栽培も育苗時期、定植、花芽分化、収穫と温鈍化の影響を受けるでしょう。
 挿し木中の育苗ハウス内の温度を測定しました。最高気温は26,5度(散水直後は25度)です。遮光カーテンと散水により最高気温より約10度下がっています。
 写真1は、16日に挿し木した章姫(3日目)。まだ完全に活着してないので、遮光カーテンの隙間から漏れてくる日差しにより萎れています。
 写真2は、17日に挿し木した章姫(2日目)。A棟南は、遮光カーテンの遮光率が高いので萎れる程度が少ないです。
 写真3は、17日に挿し木した章姫。夕方で最高に萎れています。明日の朝、元気になっていれば活着します。萎れが戻らない時は、活着しません。
 写真4は、苗採りがほぼ終わった章姫の親株から新しいランナーが出てきました。このランナーは、ポット受けで苗をとります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA