章姫の苗採り4日目。

最高気温35度、最低気温24度
 いよいよ、夏本番になりました。親株のハウスは、36度と女性陣は汗を額から流しながら、苗採りをしています。扇風機を回したいのですが、親株にぶら下がっている子苗が乾燥して萎れてしまいます。
 苗を挿し木する育苗ハウスは、25〜32度でしょう。今日は、わずかですが、少し汗ばんできます。
 館長は、腰痛に苦しみながら木曜の、一日8000本達成に向けて頑張っています。背中や肩の張りは無くなって来ました。
 写真1は、昨日に苗採りが終わった育苗ハウスA棟北です。約2万本の章姫の苗が挿し木終了しました。
 写真2は、外は35度と温度が高くなり、挿し木のハウスの温度は一時的に30度ぐらいになります。散水した瞬間は25度と低くなります。
昨日挿し木した苗も暑さで少し萎れています。
 写真3は、夕方涼しくなって元気を取り戻した苗。毎日、朝元気になり、お昼に萎れ、夕方に元気を取り戻す。活着するまでは、心配の毎日です。
 写真4は、14日(1日目)に挿し木した極小苗。極小苗は一番活着が難しい苗です。夕方なので元気です。
 写真5は、昨日桃をいただきました。
 写真6は、今日も差し入れで、桃を2コンテナー(50個)いただきました。冷やして、休憩時間にいただきます。毎年、苗採りの時期は、ももを栽培しておられる農家の皆さんから、差し入れで沢山の桃をいただき感謝しております。
 今年も桃の出来栄えは、雨が多かった分大きな桃が収穫できたそうです。入梅が早く、曇りや雨が多かった分甘さは少し少ないです。
甘さは、天候が第一です。これからの7月末に向けてどんどん甘さが増していくでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA