2月のいちご狩りも今日で終わり。

山梨の天気。最低気温5度。3月26日までご予約の定員に達しました。。館長は、るるぶ.com様の依頼で館長のスペシャルブログを書いております。そちらには、品種説明など一般的ないちご狩りについて書いております。皆さん館長のスペシャルブログも見てね
今シーズンのいちご狩りも2月でほぼ、半分終了しました。現在までは、例年の約6割の収穫量です。3月も依然として回復できそうにない。4月に回復できれば良いのだが。特に章姫が小粒と良くない。天候の影響?館長の技術不足?手入れの失敗?色々反省する材料がありそう。
写真1は、上野様。彼氏は、美味しい甘いの連発!”あかしゃのみつこの香りがなぜ良いのか?”と質問されました。”品種の特性です”としか説明できませんでした。
無農薬情報;ダニは、でんぷんの粘着君と天敵のスパイデックスによりやや沈静化している。昨日天敵のスパイデックスを4本(8000匹)を章姫とあかねっ娘(ももいちご)に放育。アブラムシは、依然もぐらたたき状態で、ハウス前面に広がっている。今日は、うどんこ病の予防として、ボトピカとバイオトラストを、散布。章姫にうどんこ病1個あり。章姫のみに発生しているが、一進一退の状況です。
現在の病害虫の状況であれば、3月も化学農薬を散布しないですみそうです。アルバイト1名は、害虫に粘着君をさんぷするのに、3月も働いてもらうことにした。それにしても、毎月生物農薬の支払いが12万円前後と痛い! 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA