タイの皆さんもイチゴが甘いのでビックリ!白いイチゴでもう一度ビックリ!

今シーズンは、いちご狩りハウスの改造のため、5月13日で閉園します。
 今年は、海外のお客様が多いですね。
やはり質問が多いのは、無農薬(残留農薬ゼロ)と当館のイチゴの甘さです。
「どうして、こんな甘いイチゴが出来るのか?」と聞かれます。何時も一言では説明できないので。
「イチゴを元気に育てると甘いイチゴができます。」と答えています。
最近、Googleの口コミにも中国語で書き込みがあります。
その場合、中国語をパソコンで翻訳して質問の意味を理解します。
その次に、館長の日本語のコメントを中国語に訳します。
ちなみにコメントをご紹介します。
美味的草莓,每天都想吃一口
美味なイチゴは、毎日全て生粋を食べたいと思います。
園主強調是無農藥栽種,可放心食用,在這吃好多種不同品種的草莓〜讚,現場也有賣一些草莓醬草苺冰淇淋等
園主は強く無が農薬的に植えて、安心した食用のは、これにうまくたくさんの違った品種のイチゴの〜讚を食べて、現場には少しのいちごジャムイチゴアイスクリームなどを売ることが同様にあり​
写真1.タイからご来館された皆さん。最近は、10人前後の家族やグループでいちご狩りに来られます。
館長の年齢を聞いて驚かれていました。タイには70歳の老人(笑い)は、少ないようです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA