いちご姫さん達が今シーズン4回目のいちご狩りに来られました。イチゴアイスが出来ました。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
 2月1日までご予約の定員に達しましたので、ご予約をお受けできません。
天候の状況で、2番目の収穫時期が早まれば、24日〜29日のご予約を18日頃にお受けいたします。
31日と2月1日は、23日頃に追加ご予約をお受けいたします。
 いちご姫さんが今シーズン4回目のいちご狩りに来られました。
もうすぐご出産で大阪に里帰りされるので、出産前に館長の安全なイチゴを沢山食べてね。
最近は、大阪のお母様が嫉妬するほど館長の娘のようです。
毎回の事ですが、いちご狩りハウスがパッと明るくなります。
 今日は館長に嬉しいことがありました。
昨年4月にある方から多額の義援金を頂きましたが、情けないことにお名前からお顔が
思い出せませんでした。
お客様が受付でお名前を書かれたときに、多額の義援金をくださった方と気が付きお話をしました。
昨年は、いちご狩りに来られた翌日に当館が雪害を受けてハウスが倒壊したのを知り、奇遇を
感じられたそうです。
さらに、「5〜6年前に当館にいちご狩りにご家族と来られて館長のブログに出ていただいた」お客様と
の事でした。
早速、当館のブログの検索窓で検索すると2007年の1月20日にお客様がブログに
出てくれていました。
残念なことに写真は、記憶容量の関係で残っていませんでした。
半年間お礼を言えなかったのが、お名前とお顔が一致して、本日お礼が言えて嬉しかったです。
今日もまた、元気を頂きました。
もう一度今シーズンもご来館いただけるとのこと、楽しみにご来館をお待ちしております。
昨年、本当に沢山の皆様から沢山の義援金を頂きました。
しかし、義援金を頂いた方のお名前とお顔が一致しない方がまだ20人近くおられます。
館長から直接お礼を言いたいので、ご来館されたときに是非お申し出ください。
館長も見落とさないようにいたしますが、忙しい時は・・・・・・・・・。
 最近館長は、何故こんなにイチゴの栽培に拘り、熱中できるのか考えることがあります。
お客様に安全で美味しいイチゴをご提供したい一心で栽培に取り組んでいるような気がします。
年々、リピーターのお客様も増え「昨年よりも、もっと美味しいイチゴをご提供しないと申し訳ない」と
言う気持ちが強くなります。
最近は強いプレッシャーにもなっていますが(笑い)。
更に、いちご狩りを通じてお客様とのコミュニケーションを図りたと言う願望も強いです。
その結果が「イチゴを愛するお客様との絆」が生まれてきているような気がします。
昨年雪害で、大きな損失をこうむりましたが、お客様との太い絆を確認できる良い
チャンスでした。
勿論、イチゴの栽培の難しさと奥深さを極めていく楽しみもありますよ!
写真1.いちご姫さんとお仲間。館長の上の男性にご注目!
異様にベロ(舌)が長いです。(ベロマンと呼ばれていました)。
本物のベロ(舌)でした。
写真2.今日は地区のお祭り「どんど焼き」でした。
このたき火の炎に「昨年のお守り」や「お習字の紙」を投入して焼きます。
また、お団子を焼き、それを食べて無病息災を願います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA