紅ほっぺの初なり

紅ほっぺの初なり。今年の紅ほっぺは、香りもあり、この寒さで甘さが強い。粒も大き目のイチゴが収穫出来るようになった、紅ほっぺの欠点は、1個目のみが異常に大きくなり、2個目以下が小さくなることだ。
今年も、ホテル1・2・3F&B甲府(http://www.hotel1-2-3.com/hotel/kofufb/main.htm)の社長の吉村様が,奥様と息子さんとご一緒にご来館された。お元気そうでした。当館のハウスを建てた三枝社長がいちごの味見に来られた。味に関しては、うるさい。今年の紅ほっぺは、合格らしい。あかしゃのみつこの評価は、イチゴとして不思議な味と思ったより好評であった。相変わらず、サラダイチゴのファンである。石川県の竹多さんより、紅ほっぺが一番お気にいられたとメールがあった。

Follow me!

紅ほっぺの初なり” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA