選ばれしイチゴさん達は、夜冷処理が終わり、花芽分化を迎え定植を開始。

山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。最高気温は33度。最低気温は、22度。日の出5時30分。日の入り17時50分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 今日も最高気温33度と、非常に暑く感じました。いちご狩りハウスの中は、40度近くになり汗が止まりません。 今年最後の暑さと思い、皆で我慢して紅ほっぺの夜冷処理の苗の定植をしました。 当館の選ばれしイチゴさん達は、夜冷処理により花芽分化と言う勲章をつけて、定植迎えます。 明日からは、温度も下がり花芽分化を継続して10月20日前後には、美しい白い花を咲かせるでしょう。 花芽分化が、中途半端だと、花芽がランナーに代わってしまうことがあるので、要注意です。 写真1は、40度と暑い中、紅ほっぺの夜冷処理の苗を定植しました。苗の本数が少なくて1本おきに定植?イエイエ、この空いているところは、普通処理の苗を10月1日頃に定植します。 収穫時期を1本おきに変えることにより、お客様が何時来られても、大きなイチゴに出会えるようにしています。 この技は、どこも真似ができません! 写真2は、お土産エリアに定植された、夜冷処理の紅ほっぺ。隣の自然天候型の苗より後に定植しても、収穫は夜冷処理が先になります。これから1か月で、急いで苗を大きくしなければなりません。 写真3は、本日定植した夜冷処理の紅ほっぺの苗。根は十分出ていますが、太い直根が少ないです。8月末の日照不足が根の生育を遅らせたようです。 写真4は、本日出荷した章姫の苗。燃えるような緑で、定植後は一挙に成長するでしょう。 写真5は、敬老の日にちなみ、89歳の英子社長のお母様にごちそうでおもてなし!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA