もうすぐ稲刈りです!稲の葉から葉露がでていました。水遣り!

山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。最高気温は32度。最低気温は、24度。日の出5時25分。日の入り17時59分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 今朝は、24度と蒸し暑い朝でした。残暑がぶり返してきたようです。今年の紅葉やイチゴの花芽分化も遅くなりそうです。 昨日34度と暑かったので、朝から水遣りに4時間かかりました。水遣りほど難しく、時間がかかるものはありません。 水が少ないと、成長が遅れたり、イチゴの芯どまり(芽無し株)になります。 水が多いと、赤芽(バクテリアが新芽を枯らす)や病気になりやすいです。 館長は水の保水力があり、水の過不足が見てすぐに分かりやすい培地として、ヤシ殻(ココ)を使用しています。 毎朝、水が不足しているポットの水を与えてから、全てのポットに頭上灌水をします。 その日の天気に合わせて、頭上灌水の量を変えます。散水回数も朝と昼の2回行います。 3時頃に散水すると、水が渇かなくて赤芽になりやすいので、散水はしません。 写真1は、水が不足して培地が渇いたポット。培地が白っぽくなっています。 写真2は、水を十分に与えたポット。培地が黒くなりました。館長の目は、一瞬にして画像認識ロボットのように白い、水不足のポットを見つけて、水を与えます。 写真3は、朝の五時半に稲の葉から葉露が出ているのに気が付きました。今までは、朝露が降りていると思っていました。 もうすぐ、稲刈りが始まりそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA