いちごの苗採りも猛暑日に完敗!親株の消毒(3月から9回目)。

山梨県のいちご狩り天気は、曇り。最高気温は35度。最低気温は、23度。日の出4時35分。日の入り19時05分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 東電の使用量は、14時〜15時(4359万KW)で85パーセントでした。  最大出力が5110万kWに増えました(スタート時は、4780万kW)。 7月は5680万kW、8月は5560万kWの予定だそうです。 今日も山梨は35度の猛暑日となりました。十分に対策をしてきましたが、遮光不足で昨日苗採りした苗が萎れてしまいました。 苗の活着には、苗採りの時の温度、水分、遮光量、苗の生育状況(発根しやすい状態)などがあります。 当然すべての条件が、ある程度そろっていないと苗は、活着しません。 今年は、昨年の失敗を生かし育苗ハウス内の温度を下げ、逆に遮光を少なくしました。 今日の最高気温35度に対して、育苗ハウスは31〜2度と低くはなったのですが、遮光を少なくした分挿し木した苗が萎れました。 9日・10日の最高気温が36〜7度と予測されるので、明日遮光カーテンを追加することにしました。 親株の消毒(3月から9回目)。当館の苗の親株の消毒も今回で最後です。 例年より暑くなるのが早かったので、今回は、チャイロホコリダニの防除がメインです。写真1は、章姫のポット受けした苗。暑いながらも順調に活着しています。もう2〜3日すれば、完全に活着するでしょう。 写真2は、暑くなった育苗ハウスにスプリンクラーで散水しています。 写真3は、暑さと遮光不足により萎れた章姫の苗。夜には少し回復しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA