4月8日、9日、15日16日の土日のいちご狩りは、定員に達しました。親株に生物農薬散布。

7日の山梨県のイチゴ狩り天気。16日までの土日は、ご予約の定員に達しました。平日は、全て空いております。写真1は、中村様のグループです。最近は、シニアのお客様も色々ないちご種類の味の違いを求められてご来館されております。写真2は、やはり色々な種類のイチゴの種類の味の違いを求めてご来館されました。あかねっ娘(ももいちご)にお喜びの辻様と鈴木様です。写真3は、ハウスのサイドに遮光カーテンを付けました。遮光することによりイチゴが早く熟すのを遅らせます。遅らせる事により甘さが増してきます。写真4は、白い水仙です。ブログを始めて家の周りに色々な花が咲いていることにきずき、季節を感じております。皆様も、館長の自宅の回りに咲いた花で季節を感じてください。親株の管理。親株の腋芽を取っているとアブラムシが、あかしゃのみつこ(1本)と章姫(1本)にいました。手入れをすることは、このように病害虫の異常に気がつきます。早速生物農薬の粘着くんを散布。アブラムシは、広がると駆除が大変です。早期に防除が来シーズンの無農薬達成に必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA