来シーズンのいちご狩り用の親株の定植を開始しました。

 大変申し訳ありませんが、2月と3月のご予約は、ほぼご予約の定員に達しましたので、ご予約をお受けできません。 山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。最高気温は19度。最低気温は5度。日の出6時21分。日の入り17時37分。 今日も19度と暑い一日でしたが、親株の定植には最高の天候です。仕事が終わっても水分補給が大変でした。コーヒーやウーロン茶、サイダーと手当たりしだい水分補給しました。 来シーズンのいちご狩り用の親株を定植しました。先んずれば人を制す!の信念ですが、痩せ馬の先っ走りと言う人もいます(笑い)。昨シーズンの失敗から、培地の準備を定植の直前にしました。親株も自家栽培を増やして購入苗を2割に減らしました。 自家栽培苗の利点は、病害虫の無い苗が確保でき、生育の良い苗が確保できることです。 今年の自家栽培の苗は、ベットの下に置いたので、日当たりが良くなく徒長気味です。葉面散布剤の影響もあります。 暖房の無い親株ハウスでは、すぐに徒長はおさまるでしょう。 根は昨年購入した親株より太い直根が多く、白い新根が多いです。定植後の活着がよく生育も早いでしょう。 写真1は、章姫の親株(9Cmポット)。葉欠きや葉面散布剤の効果で、白い新しい根が出ています。写真2は、章姫の親株(7.5Cmポット)。苗のポットの大きさは、根の生育がよく伸び伸びと生育できる9Cmポット使います。 テストで7.5Cmポットを使ってみました。直根がポットの外側まで出てきています。白い根も出ています。 写真3は、定植が終わった東側の親株。明日は、西側半分の定植です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA