四国の叔父さんの葬儀に出席いたしました。

最高気温度30度、最低気温22度日の出5時9分、日の入り18時32分
 館長の父の弟の葬儀に四国まで出かけてきました。育苗期間中で一番忙しい時期ですが、母や館長が大変お世話になった叔父さんなので出席することにしました。
 夏休み中のため、高速バスは予約が取れず新幹線経由で金比羅山のふもとの観音寺市に向かいました。新幹線もほぼ満席でした。
 20日は大阪までしか行けませんでした。翌朝、岡山から観音寺に向かう。途中、瀬戸大橋を特急しおかぜで渡りました。
瀬戸大橋を渡るのは、初めてでしたが島と島を橋で渡り海の上を列車が走るのに感動しました。
 長距離列車は、冷房が良く効いていて寒いぐらいでした。温暖化を考えるともう少し温度を下げても良いのでは?
 四国は今年最高の暑さと親戚の方が話しておられましたが、暑い葬儀でした。
 22日の夜中に帰ってきました。明日は早くイチゴの顔を見たくて早く寝ました。
 写真は、自宅での葬儀でした。まだこの地域では、自宅葬が多いとのこと。館長と母は、花輪を出しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA