中道南小の皆さん卒業おめでとう!生物農薬の散布。

8日の山梨のいちご狩り天気。写真1は、バスから車椅子のお客様が降りてくるのを待っている光華寮の皆さん。一年越しのご来館ありがとうございます。写真2は、さちのかのピンクの花。イチゴは、普通白い花が咲きます。花びらがピンクになるとうどんと病の予告です。無農薬なので、出来るだけピンクの花びらを取り除きます。写真3は、卒業旅行で当館に来られた中道南小(35人)の皆様です。アスカルビーと紅ほっぺ、あかねっ娘(ももいちご)を食べ比べしていただきました。少しでも農業を理解していただければと、ご見学を受けました。皆さん、彼氏や彼女が出来たら当館に遊びに来てくださいね!無農薬について。全体的には、暖かくなってうどんこ病が出やすいので、ボトキラー(うどんこ病の付着防止)とバイオトラスト(うどんこ病菌を食滅させる菌)を散布。ダニの部分的発生箇所に粘着くんを散布(3回目)。無農薬を継続するにしても、農薬を散布するにしても、ダニの数を減らさねばならない。特に農薬を散布するときは、ダニを少なくしておかないと、農薬の回数と量が増えてしまう。せっかくの今までの無農薬の意味が無くなってしまう。ダニか館長がギブアップするまで、粘着くんの散布が続きます。計画は3月末まで、3〜4日間隔。ダニの数が減ったので、さちのかが元気になってきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA