山梨県いちご狩り

イチゴの挿し木した苗が完全に活着しました。過去最高に良い出来栄えです!    2019.07.18 Thursday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 今年の苗取は、6月17日から開始して6月26日に終わりました。

新しい苗取の方法も成功して、良い苗が出来ています。

今後皆様にもおいおい、公開していきます。

写真1.6月17日から挿し木のB棟西。

苗の生育も良く、元気に育っています。

昨年暑くて生育が遅れたので、少し早名苗取を始めたので、9月の定植までに苗が大きく

なりすぎるかもしれません。

徒長防止の対策を考えてあるので、実施する予定。

今年も炭疽病など出ていないので、安心して頭上冠水が出ています。

病気・炭疽病が出ると手灌水になるので大変です。

写真2は、6月21日に挿し木したA棟西です。

こちらも、出来栄えは最高です!

 

バナナの植木鉢を大きな鉢に替えしました。なんと171Lの大きな植木鉢!    2019.07.18 Thursday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 昨日から、少し晴れの日が増えてきました。

それでも、最高気温は、たったの31.1度です。

昨年は、毎日35度以上で、一番暑かった日は40度を越しました。

置き場所がなくなり、このハウスにたどり着いたバナナが、生育が旺盛でもう、従来の植木鉢では

狭そうなので、大きな植木鉢に植え替えることにしました。

隣に子供のバナナの株も出ていることから、一番大きい植木鉢(171L)に植え替えることにしました。

このバナナは、もう2年ぐらい過ぎているらしいので、キット今年はバナナの花が咲き実がなるでしょう。

本に書いてありましたが、葉が14枚出ると花が咲くらしいです。

写真1.植え替え前のバナナの木。前もって用意していた白い植木鉢は、小さそうなので大きい171Lの

植木鉢にしました。太い根が出ているうえに、植木鉢から根が外に出ていました。

写真2.植え替えが終わったバナナの木。実がなれば品者が分かるかな。

それまでは、ジッと我慢!

大きな植木鉢で、171Lの容量で、小衛門風呂より少し浅い感じです。

容量が大きいので、土(ヤシ殻)不足しています。

近日中に追加します。これで高さ3mぐらいまで、何とかなりそう。

写真3.今年購入した沖縄島バナナ。貴重な品種です。

どんな甘さか楽しみです。

左が苗屋さんから購入した島バナナ。右がお客様が、個人営業遮から購入して、館長が預かってい居る島バナナ。

来年収穫出来ればよいでしょう。

果樹園に新しいお友達が入りました。梨(ほしあかり)とジャポチカバ(熱帯果樹)    2019.07.16 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 異常な梅雨の長さです。

農作物や稲など、日照不足の影響が出始めています。

イチゴの苗取は、順調に終わりました。

昨年は暑くて生育が遅れての出、早めに苗取をしましたが、今年は涼しいので苗が。早く大きくなりそうです。

考えていた徒長防止などの対策を来月にはしたいと考えています。

館長の多目的ハウスの果樹園に、新しい品種が入りました。

館長が気に入って集めている熱帯果樹は、成長も遅が遅く、木の高さも大きくなりません。

早く成長するのは、バナナだけですね。

写真1.梨の新品種の「ほしあかり」です。葉も沢山ついていて元気な株です。隣の背の高い梨は、大天梨です。

少し元気がありません。なぜか今頃花が咲いています。

梨は、孫光咲の大好物です。近いうちに4種類目の「新20世紀梨」が仲間入りです。

後は、館長がどれだけ長生きして果樹の面倒を見れるかが問題です。

写真2.今日仲間入りした「ジャポチカバ」と言う珍しい熱帯果樹です。

直接木の幹に黒い実を付けます。何年後に実がなるか不明です。

グアバの花が、多目的ハウスに咲きました。    2019.07.07 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 今年購入したグアバに花が咲きました。

蕾が5個ありましたが、今日3輪花が咲きました。

どんな花が咲くか楽しみでしたが、予想以上に純白で美しい花でした。

南国の果樹は、花が美しいのと地味な花とに分かれます。

マンゴーなどは本当に美しいと感じない花です。

授粉をどのようにするか考え中です。

イチゴと同じように、耳かきの先端の綿上の部分を使うしかないかな。

何とか受精させて、甘酸っぱい美味しい実を食べたいものです。

写真1.今朝の5時頃は、まだ蕾が半開きでした。

写真2.午後には真っ白な花びらに白い雄しべと黄色い雌しべが見えました。

中心は、臼井ピンク色に見えました。

果物と野菜の多目的ハウスの花や果実や野菜の生育状況。    2019.07.05 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 今年は何年ぶりでしょうか、梅雨らしい天候が長く続いています。

果物と野菜の多目的ハウスは、雨の影響もなく順調に花が咲いた実がなり始めています。

館長の悪い癖で、ほんの少しのつもりがどんどん拡大していっています。

野菜の現在植わっている品種の数量は、28種類。

フルーツは、21種類と増えてしまいました。

フルーツは、最終的にどんな品種が生き残るかは不明です。美味しいフルーツを残す予定です。

栽培等順調に進めば、もう1〜2棟ハウスを立てなければなりません。(笑い)。

珍しいフルーツは、毎日新しい発見ばかりなので楽しいです。

毎日、色々な品種の栽培方法を見て勉強しているのですが、何せ品種が多いので勉強が

間に合いません。

写真1.先日届いたアセロラ(ルージュイワタ)の花です。

ピンクから受精すると白になるらしいです。特に授粉はしなくても自然交配みたいです。

45日後には、甘酸っぱい実が食べられるかもしれません。

写真2.どうしたわけか、時期遅れで梨(大天梨)の花が咲いてきました。

梨は、2品種なければ受精しないので見るだけになりそう。

授粉用のヤーリ(梨)は、花が咲いていません。

それにしても、真っ白な花びらの中の薄いピンクの雄しべ・雌しべが奇麗です!

写真3.沖縄の島バナナ2本;別々のルートで購入。

右側が苗屋さんから。左側は、個人営業から購入しました。

苗屋さんから購入した方が元気そうです。

写真4.今年購入したライチ(ジャカパッド)。ライチは栽培が難しいのと生育が遅いので、

苗木は、少し高くても2~3年物を購入することをお勧めします。

館長も後何年生きられるか分からないので、少しでも収穫が早く出来る苗を購入しています。

実は、最初長細いのですが熟してくるにしたがって、丸くなるようです。

1個目の実は赤くなってきました。

写真5.すっかり大きくなったシャインマスカット。2本に分けた幹の2本とも

Hの字の先端まで伸びてきました。そこからHの字の左右に枝を分岐させます。

来年からの収穫が楽しみ!

写真6.レストランから頼まれたターニップ(かぶ)。シチューに使うと美味しいらしいです。

写真7.トマトの苗;ミニから大粒まであります。

アイコ・千果・パルコ・りんかの4種類。アイコは、もっと増やす予定です。

写真8.上側は、枝豆です。9月末には食べられそう。

下は、うぐいす菜。食べられるのは、8月上旬かな。

写真9.メロン(フェリーチェ)に1個受精しました。

マルハナバチか館長が手で雄しべを雌しべに押し付けて授粉したか、不明。

孫の光平が喜びそうです。

アセロラ(ルージュイワタ)が、果物と野菜の多目的ハウスに届きました。    2019.07.03 Wednesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 アセロラ(ルージュイワタ)が、苗屋さんから届きました。

予想通り花が付いていました。

何と可愛らしいピンクの花でした。

1.5か月後には実が食べられるらしいです。

授粉はどうすればよいか不明で、これから調べます。

アセロラ(ルージュイワタ)は、年に3~5回花が咲くらしいです。

楽しみです。

果物と野菜の多目的ハウスに野菜栽培用ベットを移動しました。    2019.06.29 Saturday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 17日から始まった苗取も皆の頑張りで、予定より1日早く終わりました。

イチゴの苗の方も順調に活着して生育しています。

館長が開発した「イチゴの苗取方法」公開まで皆さんに公開できないので申し訳ありません。

来年には、新しい館長の苗取方式が公開できるでしょう。

楽しみにしていた、多目的ハウスの完成とそれに伴って準備していた果樹や野菜を多目的ハウスに入れ始めました。

この多目的ハウスは、出来るだけコストを掛けないために、イチゴ栽培に使用した機械や中古の機械を購入したりしました。

孫の光咲や光平に安全な無農薬野菜を食べさせてあげたいのと、珍しい南国の果物の完熟や日本の美味しい果物を

この多目的ハウスで作ります。

やはり、南国のフルーツは、木で熟したものがなかなか食べられません。

これから、完熟の果物がどんなに美味しいか楽しみです。

今日沢山の野菜の種をまいたので20日後から90日後には、色々な野菜が食べられるでしょう。

写真1.イチゴ狩りハウスの野菜栽培ベットを新しい多目的ハウスに移動しました。

右1本は移動済。左の1本をこれから移動します。

夏場は、完全無農薬に出来るか分かりません。秋から春先までは、いちごがり園で野菜を栽培していたので

無農薬栽培は出来るでしょう。

今までは、イチゴの栽培ベットの下で野菜を栽培していました。

そのため、日照不足で根菜類が育たないのと、野菜の生育も遅れていました

写真2.多目的ハウスに移動した野菜ベット。

今度は、1日中良く日が当たります。勿論根菜類もOKです。

写真の上側(東側)のベットは、深いので根菜類を栽培します。今回は赤かぶやはつか大根やニンジンの種をまきました。

ニンジンは生で食べると甘くておいしいです。

写真の下側(西側)は、葉物野菜です。レストランから注文された「ターニップ」の黄色と赤

真ん中に天敵チューブが来るのを忘れて、中心に種をまいてしまいました(笑い)。

サラダ菜、つるむらさき;小松菜(夏楽天)、つけな(美味菜)

写真3.多目的ハウスの西側のベットには、アスパラガスや枝豆を植えました。

写真4.グアバの枝に何やら出て来ました。

花か実でしょう。花が咲いていなかったので実とは思えません。

もうすぐ花か実かが分るでしょう。楽しみです!

写真5.館長が大好きなライチ(ジャカパッド)の実です。楊貴妃が好んで食べたと言われています。

苗を購入した時から実が付いていました。

ライチの中では、素人の館長でも枯れずに育っています。

写真6.4年前から孫の光咲から預かって育てているレモンの木。

昨年は、2本で140個収穫しました。

今年は少し少なめにして大粒にします。

来年は、大きな鉢に植え替え予定。

写真7.真ん中がシャインマスカット。主雲長に育っています。

目標は、来年3房収穫予定。

その両サイドは、島バナナと名前不明のバナナ(知人から栽培を委託された)。

シャインの枝や葉の無いエリアに、バナナを高さ3mに育てる予定。

シャインの生育に影響するようだと、バナナの場所を変えます。

写真8.館長にとって栽培の難しい糯米ライチ。水を与えるとすぐに葉が枯れてしまいます。

意味不明????半ばあきらめ気味。別のライチを探して購入予定。

写真9.アップルマンゴー(アーウィン)。

なかなか木が大きくなりません。新しい大きな葉が出て来ました。

枯れないと良いのですが?

写真10.アボガド2種類。左がハス。国内に輸入されている品種。右側がせきね農園さんお奨めの

ヅタノ。幸さんのアボガドは、味が濃く美味しいそうです。2〜3年後の初なりが楽しみです。

葉もツヤツヤで元気に育っています。

 

苺の苗取が終わりました。    2019.06.29 Saturday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 17日から始めたイチゴの苗取も昨日28日で終わりました。

昨年は、6月末から猛暑に襲われて苗の活着率が低下しました。

今年は、気合を入れて準備や作業をしたので、過去最高の出来栄えです。

しかし、一番効果があったのは、例年通り梅雨らしい天候で、猛暑に襲われなかったことです。

涼しいと、作業もはかどり約1日ほど予定より早く苗取が終わりました。

写真1.苗取が終わった親株の手入れをしました。

まず、古い葉を除去してから、使用済みの残ったランナーを除去しました。

もう苗は必要ないのですが、万一苗に病気が出たりしたときに追加で苗が取れるようにしておきます。

近年は、苗取に失敗したイチゴ園の為に苗を使用しています。7月中旬から8月中旬までに、1株から

苗が10本ぐらい取れます。

多目的ハウス(果物と野菜)に島バナナ2本とメロンの苗2種類が入ってきました。    2019.06.23 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 館長が作った果物と野菜の多目的ハウスに、島バナナ2本とメロンの苗2本が入ってきました。

島バナナは、個人農家と苗屋さんとの2件から購入しました

メロン苗は、苗屋さんからネットで購入しました。

写真1.個人農家から購入した島バナナ。外側の葉や茎が黒くシミになっています。

写真2.苗屋さんから購入した島バナナ。株の大きさは、苗屋さんから購入した島バナナの方が、

小さいです。

写真3.メロン苗2種類(各1本)

もう花が咲いています。実をならしてよいか分かりません。

とりあえず、マルハナバチさんに授粉をお任せしています。

計画は、天空栽培です。

来シーズンのイチゴ狩り用なえ取が半分終わりました。    2019.06.23 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

山梨は、梅雨入り後雨がほとんど降りません。

しかし、気温も27度〜31度とあまり高温でないので、挿し木の条件としては良好です。

今年は、親株の生育も良くランナーに付いている小苗も沢山あり、十分育っているので

良い苗が取れています。

今年の12月からのイチゴの販売開始にご期待ください。

今の所、館長が開発して特許を取得した新しい苗取も3〜4年目に入りました。

過去の失敗を生かして、最適な条件を明るさ(ルックス)や培地の水分量など環境条件を

見直した結果、過去最高の状態で挿し木が進み、順調に活着しています

館長が作成した最適条件を使用すれば、誰でも失敗しないで無病・無害虫の良い苗が取れます。

今年の秋から特許の許諾権の販売を開始します。

特許が公開になるまで、皆さんには、このブログで公開できないのが残念です。

1月後の7月末には、元気に育った苗をご紹介できると思います。

写真1.ランナーから小苗を取り終わった親株。基本的には、2か月以上育った太郎苗は使用しません

従って、親株に沢山太郎苗が残っています。

苗取が終われば、古い太郎苗を除去して、万一失敗した時の苗が取れるようにしています。

最近は、新しいランナーに出た小苗から8月中旬に苗を取り、苗取に失敗した近所のイチゴ園にご提供しています。

 

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

アーカイブ

コメント

  • ジャム用冷凍イチゴの残りが、40Kgを切りました。在庫が無くなり次第、販売を終了します。
    館長 (05/30)
  • ジャム用冷凍イチゴの残りが、40Kgを切りました。在庫が無くなり次第、販売を終了します。
    まい (05/30)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (05/30)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    まい (05/30)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    間宮節子 (05/28)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (05/10)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    宮 (05/09)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    館長 (04/21)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    佐伯 (04/21)
  • ジャム用のイチゴの通販・産直を始めました。
    マエダカツミ (02/25)

トラックバック

ブログ内検索